読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノズク

ものづくり人のブログ

GitHub+SourceTreeで最短Git

はじめに

MacでGitリポジトリを体験するならGitHub+SourceTreeの組み合わせが簡単らしい。

  1. GitHubに登録
  2. リポジトリを作成
  3. SourceTreeをインストール

ステップ1: GitHubに登録

GitHubに移動して、"Sign Up"します。

なお、一般のユーザーは無料の範囲では公開リポジトリしか作成できませんが、学生や教職員の方は非公開のものが5つまで、2年間使えるようです。

ステップ2: リポジトリを作成

f:id:charchang:20131130141509p:plain

↑こんな部品があるので探して、New Repositoryをクリック。 名前と説明を入力して"Create Repository"で作成。

ステップ3: SourceTreeをインストール

SourceTreeをダウンロードしてインストール。インストールの過程でGitHubのユーザー名とパスワードを聞かれるので入力します。

使ってみる

ファイル>新規からリポジトリをクローン(取り込み)します。URLには、GitHubリポジトリページの右下のあたりにある"HTTPS clone URL"の内容をコピーして貼付けます。保存先などはローカルのファイルをおきたい場所を指定します。

これでクローンをクリックすると、リポジトリを設定できました。

使い方などは例えば以下のページなどを参照。 http://www.backlog.jp/git-guide/